新着情報!!

2007年12月21日

広報誌第12号を発行しました!!

地球を愛する会@月形広報紙12_ページ_2.jpg地球を愛する会@月形広報紙12_ページ_1.jpg

 みなさん、こんにちは!! 地球を愛する会@月形の広報誌第12号が発行されました!!

 当会が立ち上がって、この12月でようやく一年になります。地球温暖化を防止するために、一人でも多くの方に地球温暖化関連の情報を伝えたいと考え、さまざまな形で活動してまいりました。活動を続ける中で多くの方々の賛同も得られ、現在まで続けてこられたことに、心より感謝しております。

 現在、地球が温暖化しているという事実は、多くの国民が知るところとなりましたが、しかし、まだまだそれぞれ自身の問題とは考えられず、日本国内での温暖化対策は決して十分と言える状況ではありません。

 しかし、地球温暖化はもはや待ったなしの状況で、一刻も早い対応が迫られている中、来年は当北海道においてG8サミットが開催され、人類の未来を左右するともいえる重大な案件が話し合われることになっています。

 地球を愛する会@月形は、地球温暖化という差し迫った事実に対し、決して悲観的にならず、今後もこの活動を通して一人でも多くの方に地球温暖化に関する情報を伝えていくと同時に、来年度は、遠い将来も見据えて、持続可能な社会作り、持続可能なまちづくり、持続可能な農業、などなども考えてゆければと思っています。


posted by 青い芥子 at 12:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

キャンドルナイトの準備は着々と

20071.jpg
12月22日(土)に地球を愛する会@月形と空知支庁が主催し、ちらいおつ遊び塾で行う『キャンドルナイトin月形』の準備が着々と進んでいます。

ポスターも出来上がり、町内各所にお願いして掲示しています。キャンドルナイトも2回目となり認知度も上がっているようで、町内の皆さんが快く引き受けてくださいました。あちこちたくさん掲示されているので、町内の皆さんは目にしているのでは?

それと平行して当日のイベントの準備も進んでいます。
空知支庁ではミツロウキャンドルの材料を用意していただいていますし、月形では道具や用具の手配、イベントの内容の確認と段取りなど、それぞれの担当者がイベント当日を想像しながら進めています。



そこで今日は、私の担当の1つ「ミツロウキャンドルの試作」をしてみました。蜜ロウの分量や温度、作製時間、状態を確認しながらやってみたのですが、できばえは? 
ちょっと格好悪いけど、味があっていいでしょう? 1本作るのに約10分です。

当日は第1部(午後3時〜)でこのミツロウキャンドルを作ります。参加者がそれぞれ自分のキャンドルを作れるので、楽しいと思います。そのキャンドルは第2部で使いますが、第1部しか参加できない人にはお持ち帰りしてもらう予定です。

どうぞ皆さん、キャンドルナイトin月形にいらしてください。一緒に楽しみましょう。
posted by ゆみこ at 13:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

100万人のキャンドルナイトin月形2007冬至

2007-2.jpg2007-1.jpg

 月形町はすっかり雪景色、長い冬の始まりです。そんな中、いよいよキャンドルナイトの季節になりました。

 地球を愛する会では、夏至に引き続き、冬至にもキャンドルナイトをできることになりました。夏至のキャンドルナイトでは、「花の里」月形らしいキャンドルナイトということで、フラワーアレンジのデモンストレーションをしてもらったのですが、いかんせん冬には花はありません。

 そこで今回は、本来のキャンドルナイトの趣旨に戻って、少しの音楽と、人と人のつながりと、そして普段とは違う時間の中で、忘れてしまっていたことを思い出す、そんな「気づき」の時間をつくることができればと考えています。

 みなさん、ぜひ遊びにいらしてくださいね!!
posted by 青い芥子 at 00:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

環境フォーラム2007 Vol.2『21世紀・持続へのシナリオ』に参加して

kankyou2007.jpg
この環境フォーラムは「成長の限界」主著者デニス・L・メドウズ博士と環境ジャーナリスト枝廣淳子氏を迎え、

『21世紀・持続へのシナリオー私たちの前にあるのは運命ではなく、選択である』

と題して、札幌グランドホテルで11月18日(日)に開催(入場無料)されました。定員700人の事前申込みもあっという間に満席となり、道民の感心の高さが伺えます。私は「地球を愛する会@月形」のメンバーと参加してきました。
 なお、主催は「びっくりドンキー」などを経営する(株)アレフです。アレフは自店でのゴミ排出ゼロを目指し生ゴミの堆肥化やリサイクルにも積極的に取り組んでいる、環境問題に関心の高い企業です。自社だけの取り組みだけでなく、この環境フォーラムの様に啓発活動に力も入れていて、その企業姿勢にも感心させられました。

 さて環境フォーラムの詳しい内容については、後日発表されるHPを参照いただくことにして、私の心に残った内容と言葉は、

●二酸化炭素(CO2)の排出量=人口×生活水準×エネルギーに関する技術
で現すことができ、それぞれに取り組むことが重要である。多くの国はバランスが悪く、例えば日本は自然エネルギー開発やエネルギーの効率化など技術面では高い成果を上げているものの、生活水準の見直しはしていない。自動車の燃費を良くしても、より大きな車に乗ったり、乗る場面を増やしたのでは結果的にCO2排出量は増えてしまう。現在の日本はそのような状態だ。

●エネルギーにはギャップがある。バイオマスエネルギーの理論的最大値は全体の7〜10%で、これだけでは賄えない。他のエネルギー源を開発すること、エネルギー使用量(生活水準)を見直すことが大切である。

●今までは 短期的結果=長期的結果 という傾向のものが多く、単純で分かりやすかった。しかし現実には、短期的な評価ではうまくいっていないものが最終段階では目標に到達している場合がある。これは評価と成果が相反して難しい問題である。この場合は評価の時間軸を後ろに延ばす、あるいは、システム思考を研ぎ澄ますことによって解決できる。

●エネルギー問題を解決(回避)するには、問題が現れ、エネルギー不足を実感するようになってきてからでは遅い。エネルギーがまだある今のうちに手だてを講じなければいけない。変革にもエネルギーは必要だから。

●『足(たる)を知る』=自分の判断で満足を得ること。『もったいない』とともに日本の良い言葉、良い思想。
●お金は他人に与えれば無くなってしまうが 『アイデアは他人に与えても自分の元に残る』
●『ネットワークこそ力』尊敬しあう相手、仲間が大事。
posted by ゆみこ at 16:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

広報誌第11号が発行されました!!

地球を愛する会@月形 広報紙11_ページ_2.jpg地球を愛する会@月形 広報紙11_ページ_1.jpg こんにちは!! 地球を愛する会@月形の広報誌第11号が発行されました。
posted by 青い芥子 at 01:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

ペレット工場の見学

今日の午後、地球を愛する会@月形のメンバー4人で北海道ペレット(株)月形工場の見学に行ってきました。ちなみに、北海道ペレットの三浦社長も私達のメンバーです。(下の写真は事務所で使用しているペレットストーブ。ペレットストーブは日々進化し、今は様々なタイプがある。)
sutobu.jpg

高橋工場長の案内で、原料(建築端材)から工程(粉砕、乾燥、圧縮整形、冷却、選別、袋詰め)、製品までを詳しく見せていただきました。
DSCN0175.jpg
この工場では、乾燥工程の燃料も製造段階で発生する規格外品を使用し、できるだけ化石燃料を使わないよう工夫されていました。また建築端材を使うことにより「ホワイトペレット」と呼ばれる、高熱量で灰分が少なく煙も出にくい製品になっています。

見学後、疑問点を質問してみました。
Q) 建築廃材や間伐材を原料にペレットは作らないのか?
A) 今のところは行っていないが、将来的な原材料として考えている。ただし、建築廃材や間伐材は製造工程で余分なエネルギーを必要としたり、製品の質が落ちる(灰分が多い、熱量が落ちるなど)可能性がある。

Q) 製品を入れるビニール袋は再利用可能なものに変更できないか?
A) 今後の検討課題。ペレットは湿気を嫌うのでそれをクリアする必要がある。

Q) ペレットの原料は?また普及状況は?
A) 道内では松が主(道外は杉)。普及しているのは岩手、新潟、山形、栃木など道外が先行している。皆ペレットストーブを製造している県。道内には今のところペレットストーブを製造している会社はない。ペレットストーブが安価に供給されれば普及も拡大していくと思う。

Q) ペレットストーブやペレットの利点は?
A) 木質燃料の特徴である温もりのある暖かさ。薪ストーブに比べ手間が少ない(+薪割り不要で高齢者向き)。建築端材をリサイクルできる。
posted by ゆみこ at 23:18| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広報誌第10号

地球を愛する会@月形 広報紙10_ページ_1.jpg地球を愛する会@月形 広報紙10_ページ_2.jpg 地球を愛する会@月形の広報誌第10号が発行されました。
posted by 青い芥子 at 07:28| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

冬至キャンドルナイトの企画会議

地球を愛する会@月形の冬至イベント「キャンドルナイト」に向けて、初めての企画会議を行いました。

今年の夏至に初めて行ったキャンドルナイトは、思いつきと勢いで始めたものだったので、充分な周知と準備ができませんでした。それでも「花のパフォーマンス」と「ハッピーカードによるお話し広場」で、参加者みんなの心が温かくなって、とっても素敵なスローな夜を過ごすことができました。

さて今度のキャンドルナイトは・・・

準備期間もたっぷりあるし、仲間も増えたし、また違った切り口で「スローな夜」を展開できそうです。雪に囲まれた静かな冬至だからこそのキャンドルナイトを一緒に作り上げましょう。

当日だけでなく、企画への参加も大歓迎です。興味のある方は地球を愛する会@月形のメンバー(もちろん、私でもいいですよ)に連絡下さい。お待ちしています。
posted by ゆみこ at 01:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

広報誌第9号

n`@LX-3_y[W_2.jpgn`@LX-3_y[W_1.jpg みなさん、こんにちは!!

 地球を愛する会@月形の広報誌が発行されました!!

posted by 青い芥子 at 04:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

地球を愛する会広報誌第8号

n`@LW_y[W_1.jpgn`@LW_y[W_2.jpg

 地球を愛する会@月形の広報誌第8号が発行されました。

 実は、キャンドルナイト以降、地球を愛する会でもいろいろなことがあり、このブログをご覧になられているみなさんにもぜひ知っていただきたいのですが、今はまだうまく考えがまとまりません。

 時間ができたらゆっくり報告しますので、それまでお待ちください。
posted by 青い芥子 at 01:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。