新着情報!!

2009年02月28日

講演会「地球温暖化と北海道農業のゆくえ」報告

DSC_0882.JPGDSC_0884.JPG こんにちは、平尾です!!
 講演会、無事終了しました!! 観客の数は、何と65名!! すごい!! これまで企画したイベントの中で、最高の人数が集まりました!! 参加してくださったみなさん、手伝ってくださったみなさん、本当にありがとうございました!! 月形町内だけでなく、岩見沢市や三笠市からも来ていただいておりました!! 

 で、肝心の講演会の報告です。65名も集まるはずがないと甘く見ていた私は、資料を50人分しか用意していませんでした。座席は、念のため、70人分用意。出足はそれほどでもありませんでしたが、開始10分前あたりから町内の要人が続々と集結。最前列のわずかな空席を残して、会場はびっしりと埋まりました。温暖化問題、そしてこれからの農業への影響に関して、非常に関心が高くなっていることを実感しました。
 中和保全組合会長の挨拶、月形町長の挨拶の後(一枚目の写真の大きな顔の人物は月形町長です)、いよいよ大崎先生の講演に入りました。
 地球温暖化の現状、農業に与える影響、世界的な資源の不足、水の不足、土壌の劣化、世界的な農業生産が頭打ちになり始めていることなど、世界の農業情勢が大変厳しい状況になりつつあり、今後ますます厳しくなっていくことがわかりました。
 そして次に、そのような予測は欧米ではすでに十分に認識されており、危機を乗り越えるための対策もすでに始まっていること、風力、太陽光、地熱、バイオマスなどの自然エネルギーの取組、ドイツのユンデ村などに見られる持続可能な農業モデルの試みなどが紹介され、さらに、北海道においても、上川の下川町などにおいて、環境モデル都市としての取組が始まっていることも紹介されました。
 そして、私たちの北海道は、持続可能な社会を創ってゆく上で、自然資源に恵まれており、最も可能性に溢れていること、しかしそれと同時に、今そのチャンスを生かして行動に移さなければならないことを訴えられ、講演を締めくくられました。

 以下は私の感想です。
 持続可能な社会を実現するためには、食糧とエネルギーを自給するとともに、資源をいかに有効に使い、あるいは循環させることが重要です。また、多様な農業形態(産業形態)が有効に機能することも重要な点です。そのためには、自分の町の資源、自然エネルギー、気候、土壌、人的資源などを十分に把握し、また、持続可能な社会というものには、たった一つの答え、たった一つの方程式があるのではなく、その町その町に合ったものを考え、創り上げてゆく必要があります。
 このような過程には、それなりの資金も必要ですが、それよりも地域に暮らす人々の叡知を結集し、自分達の望む社会(農村あるいは地域)を自ら建設してゆくことこそが最も重要なことではないかと思います。
 昨年から続いている金融崩壊は、資本主義社会の終焉だと考えています。労働や生産行為よりも、お金が重視されてきた社会から、今こそ私たちは離れるべき時だと思います。
 これから私たちが築いてゆく社会は、グローバリゼーションよりもローカリゼーション、お金よりもコミュニティ、トップダウンよりもボトムアップ、法律や命令よりもコミュニケーションやダイアログ、そして、ローカルコミュニティが繋がり合うことによって全世界が繋がり合う、本当の意味でのネットワーク社会ではないかと思います。
 今回の講演会が、きっと月形町の将来のための大切な一歩になったと思います。どうもありがとうございました!!
posted by 青い芥子 at 22:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

講演会「地球温暖化と北海道農業のゆくえ」

チラシ2_ページ_1.jpg
 2月27日(金)、月形町のはな工房にて、タイトルの講演会を行います。興味のある方、無料、申し込み不要ですので、ぜひともお集まり下さい!! みんなで地球の未来、北海道の未来、そして農業の未来を考えましょう!!
posted by 青い芥子 at 20:31| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

広報紙25号

地球を愛する会@月形 広報紙25_ページ_1.jpg地球を愛する会@月形 広報紙25_ページ_2.jpg
 こんにちは!! 広報紙25号できました。今回は、地球を愛する会の2年間の歩みをまとめてみました!!
posted by 青い芥子 at 08:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

広報紙24号

地球を愛する会@月形 広報紙24_ページ_2.jpg地球を愛する会@月形 広報紙24_ページ_1.jpg 広報紙24号、発行いたしました!! 今回は、環境先進国ドイツとスウェーデンを取り上げました!!
posted by 青い芥子 at 12:19| | Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

でんきを作ろう & キャンドルナイトIN月形

kn2008.jpg今年のキャンドルナイト(2008.12.20)はこぢんまりとではありましたが、なかなかどうして、素敵な時間を共有できました。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

【第一部 でんきを作ろう】
様々な『新エネルギーによる発電』のデモは見応えがありました。その中で私が興味をひかれたのは・・・

nennryou.jpg『燃料電池(水素を使って電気作る)』
◆今回は、水素を得るために水を電気分解するところから始まりました。手動式の発電機でを回し続けると、装置から気泡が、ポコ・・ポコ・・ポコ・・。水素ができている!!(直接水素を確認してはいませんが、発生量が2:1で化学の実験通り。)
◆容器に貯まった水素がチューブを伝って燃料電池へ。しばらくすると・・・・・燃料電池に繋がれたプロペラが回り出して、発電しているのが確認されました。  
◆今回は手動の発電機を使ったのですが、現在実用化されているモデルとしては、風力発電で水を電気分解し、水素を作り出します(エネルギーを水素の形で貯蔵する)。その水素を使って燃料電池で(欲しい時に)発電、あるいは水素自動車等で利用。

『温度差発電』
◆セラミック版の間に半導体を挟んだパネル(熱電変換素子)が電気を作り出します。
◆今回は2つのモデルで発電の様子を見せてくれました。
・温水と冷水・・・大がかりな装置でのデモ。温度差がある程たくさんの電気ができる。
        「温泉」と「水」等で応用可(モンゴル、鳥取県の温泉で実用化されている)
・手の平と氷・・・手の平にパネルを乗せ、その上に氷入りの容器を置く。
         体温と氷との温度差により、プロペラが回る。
        (手が冷たい私の場合、プロペラが一瞬クッっと動いただけでした。)
◆このデモは、岩見沢市の有限会社インタースフィアが手弁当で行ってくれました。大がかりな装置の準備や資料なども用意していただき、とても見応えがありました。ありがとうございます。

開始時間めがけて来てくださった女性グループのみなさん、子ども連れのお母さん、それに子供たちも、ご来場ありがとうございました。参加された方は皆、デモや実験を興味深く見入ったり、やってみたり、「省エネ」をモチーフにしたカードゲームやカルタも楽しんでたようでした。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

【第二部 キャンドルナイトIN月形】
会場の福祉センター玄関前にはスノーランタン、会場には蜜ロウキャンドル。素直に「きれいだなあ」と思える光景の中で、ゆったりとした時間が流れました。

kn20082.jpg影絵『ハチドリのひとしずく』と『つづきの物語』
◆ハチドリのクリキンディが、たったひとり、水を運んで森の火事を消そうとするお話しです。
第一部の時に「自転車をこいで自力発電で貯めた電気」でランプを付けて影絵をしました。弱い光のランプしか点けられなかったのですが、それでも暗い夜の中では充分影絵を楽しむことができました。
◆『ハチドリのひとしずく』のお話しは途中で終わってしまうので、その『つづきの物語』を小学生から大人まで6人に考えて貰いました。同じ話を聞いても『つづきの物語』はそれぞれ。たくさんのクリキンディが登場してきたり、神様が罰を与えたり、森を再生するために木の実を植えたり・・・。北海道の自然や風土に関係したお話しに広げてくれた人もいて、ほのぼのと楽しい時間でした。
◆途中に『飛べ飛べクリキンディ』の歌を合唱したりもしました。ギターや拍子木、手拍子、そして歌声にキャンドルの灯り・・・非日常の雰囲気に恥ずかしさも薄らいで、気分を盛り上げてくれました。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

「でんきを消してスローな夜を」という呼びかけで始まったキャンドルナイトに、今回は「でんきを作ろう」というテーマを持ち込みました。掟破りではありますが、「でんき」を知って「でんきのある生活を見直そう」という意図でした。

日常何気なく使っている「でんき」、コンセントに差し込めば最も簡単に得られるエネルギー、でも実際に自分で作ってみようとすると、どれ程大変で労力のいることか・・・。自転車での発電で参加者の誰もが感じたことと思います。

それから新エネルギー、どれもその発想と技術に感心するばかりではありましたが、作られる電気の量は装置の割りに少なく、安定的に電気を得るのは大変なのも実感しました。既存の発電所(火力、推力、原子力など)のように実用化となれば、きっともっと効率よく電気を取り出せるシステムになるのでしょうが、そこにたどり着くまでには相当の時間を要しそうな感じを受けました。

エネルギーの変換を重ねて生まれた「でんき」、大事に使っていきたいと強く思ったキャンドルナイトでした。
posted by ゆみこ at 17:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

キャンドルナイトin月形

tirasi.jpgposter.jpg キャンドルナイトやります!! 今回のテーマはみんなで電気を創ろう!!

 「キャンドルナイトでなんで電気なの?」って突っ込まれそうで、詳しく解説したいところですが、実は風邪を引いて今朝から寝込んでます。

 元気が出たら続き書きますね。もしよければ、チラシをごらんください!!

posted by 青い芥子 at 21:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

広報紙23号

地球を愛する会@月形 広報紙23_ページ_1.jpg地球を愛する会@月形 広報紙23_ページ_2.jpg
 広報紙23号、発行いたしました。前号に続いて、月形町新エネルギービジョン策定委員会関連情報です!!
posted by 青い芥子 at 18:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

広報紙22号

地球を愛する会@月形 広報紙22_ページ_1.jpg地球を愛する会@月形 広報紙22_ページ_2.jpg 広報紙22号、無事に発行できました。
posted by 青い芥子 at 21:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

広報紙21号

地球を愛する会@月形 広報紙21A_ページ_2.jpg地球を愛する会@月形 広報紙21A_ページ_1.jpg 広報紙21号を発行いたしました。今回は、今年の4月21日に発表された「北海道環境宣言」についてです!!
posted by 青い芥子 at 19:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

広報紙20号

地球を愛する会@月形 広報紙20_ページ_1.jpg地球を愛する会@月形 広報紙20_ページ_2.jpg
posted by 青い芥子 at 21:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。